治れば良いという訳ではない

多くの人が包茎手術を受けていますが、それだけ一般的な手術になっているとしてもクリニック選びは慎重に行わなければなりません。なぜなら包茎手術を成功させるというのは意外にも難しい事なのです。余った皮を切除するだけの単純な手術だと思っているのなら危険です。

本当に完璧に手術をしてもらうためには高度な技術と経験豊富な医師に相談しなければならないのです。切れば良い訳ではないのです。それは単純に包茎を治せば良いという訳ではないという事です。

単なる包茎手術にもさまざまな術式があるということも知っておくべきです。クリニックによって大きく異なるのですから包茎手術を受けるクリニックはかなり慎重に選ばなくてはならないのです。

包茎手術で求めることは

皮が余らずにしっかりと剥けている状態になれば手術成功なのか?と問われれば違うはずです。もちろん、それは大前提ではありますが、手術痕がくっきり残ってしまってはあなたのコンプレックスは解消されないのではないでしょうか?

そもそも根元部分の黒ずんだ皮膚と亀頭に近いピンク色の皮膚とで単純に皮を切ってつなげるだけだと、ペニスの皮を縫合した境目でくっきり色が変わるツートンカラーのペニスになってしまうのです。時間が経てば徐々になじんでくるそうですが、見栄えは決してよろしくありません。

また、ペニスのサイズは言うまでも無く勃起時と通常時は大きく異なります。切除する包皮の長さは絶妙でなければならないのです。勃起時に突っ張るようでは失敗なのです。また、性交渉時の感度も重要です。特に裏筋と呼ばれる部分は感度に大きく影響します。包茎手術をしたせいで感度がおかしくなったという事になればこれまた、違う問題が発生します。

このように、包茎手術は包茎を治す為だけに選んではいけないのです。病院の方が安心できるという人も多いかもしれませんが病院は治療目的であってコンプレックス解消という面では包茎専門のクリニックのうほうが考えてくれていると思います。クリニック選びで慎重にならなければならない理由はここまで読んでもらえれば、もうお分かりだと思います。


スタッフは全員男性、包茎手術は【東京スカイクリニック】