包茎手術の費用

包茎手術と言ってもその施術方法は沢山あります。その為、一概にこの値段と言う事が出来ませんが一般的な仮性包茎の場合の手術の価格は10万円前後だと言われますが3,4万円で出来るクリニックも登場していますので金額はクリニックによって違いがありますのでしっかり調べておいた方が良いです。

同じクリニックでも施術方法の違いはもちろん使う糸によっても価格は異なりますし、仕上がりの良さを追求すればさらに高額な手術費用がかかる事もあります

ただ、多くの人は手術した痕がくっきり残ってしまってはコンプレックスは解消されず仕上がりも重視したいと思います。

傷口が目立たなくさせるためにはさらに費用が必要になることがあるので広告に掲載されている10万円程度だと考えて病院に問い合わせをして詳しく説明を聞いていると目立たなくさせる施術を選択し結局20万円近く費用がかかったという人も少なくありません。

ただし、この価格は決してボッタクリの価格ではなく傷口を目立たなくするといった美容面から見て一般的な価格です。

あらかじめ包茎を治療するという側面だけでなく美容整形という意識も持って価格を調べたほうが良いと思います。

とにかく包茎の状態によっても価格は異なりますので安心できるクリニックに無料相談をして実際にカウンセリングを行ってもらい、医師と相談の上、どのように施術すれば傷跡が目立たなくなるのか、どれくらい痛いのかなども含めて価格を明確にしてもらう必要があります

包茎手術は保険適用されるか?

日本人の男性の多くである仮性包茎の場合、一般的に保険が適用されることはありません

仮性包茎は病気でありませんので保険は適用されないという事です。ただ、一部仮性包茎でも保険適用で手術をしてくれる病院もあるそうです。

一方、真性包茎カントン包茎など病気として認定されていますので保険適用で手術を受けることが出来ます。

その場合通常20万、30万円の費用でも保険のおかげで3万、4万円程度で手術を受けることが出来ます。

だれだって費用は安いに越したことはありません。価格だけを考えたら保険を適用して泌尿器科で包茎を治療できたに越したことはないのです。しかし、それはあくまでも包茎の治療という意味です。

余っている皮、邪魔な皮を取り除くだけという意味ならばそれで十分なのですが傷口が目立たない、ツートンカラーを極力自然に、包茎手術をしたことがバレにくいようにと仕上がりを気にするのなら考え物です。

あくまでも包茎という今後支障があると認められる包茎を治療するという目的ですから泌尿器科の中には仕上がりを気にしていない医院も実際にはあります

病気の治療ですから仕上がりはもちろんですがペニスなので重要な機能面に考慮されてない可能性もあります。それでは包茎手術をしたとしても満足することは出来ないはずです。

それならば美容面も考えて保険適用を諦めて包茎専門のクリニックで手術したほうが良いという選択肢も考えておくべきです。

大事な体の事です。費用だけを重視していては後悔してしまう結果になるので慎重に考えなければなりません。

費用の確認は慎重に

包茎手術はクリニック、その術式によって価格は大きく異なります。しかし、包茎手術での治療費でのトラブルは少なくありません

国民生活センターによると広告などの価格で想定した治療費と実際に支払った金額に大きな差がある事例が報告されています。

2015年報告の事例では200万、300万円の契約をしてしまいトラブルになってしまった人もいるようです

2015 年度の相談事例について、病院に行く前に心づもりしていた費用額があった事例を精査したところ、5 万円超~10 万円以下が最も多く 50 万円が最高でしたが、実際の契約購入金額は 50 万円超~100 万円以下が最多、次いで 100 万円超~150 万円以下となっていました。なお、心づもりしていた費用の根拠にはネット広告や医療機関のホームページが多くあげられており、施術費用についてはインターネット上の情報から多くを得ていました。

引用元:心づもりしていた費用と契約購入金額‐独立行政法人国民生活センター

治療技術は勿論ですが治療費も広告で表示された費用だけを鵜呑みにせずにしっかりとした価格設定のクリニックを選ぶ必要があります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。