トップページ

日本人の男性の7割が包茎といわれています。
[包茎ラボアンケート結果]

そして多くの男性がその事を大きなコンプレックスになっている事もわかります。

女性に対して積極的になれない
他の人と一緒に温泉に入りたくない

など包茎そのものよりも心の問題が大きくなっています

実際の調査でも気にならないという包茎に寛容な女性も少なくはありません。しかし、多くはやはりマイナスなイメージをもってる事実があります

臭そう、早漏といった意見や情けない、暗いイメージ、引く、エッチしたくないといった本当に毛嫌いしている感情を持っている女性も多いです。

つまり、自意識過剰のコンプレックスではなく実際に消極的になってしまう理由もきちんとあるのです。

そこで包茎というコンプレックスと持ち、包茎手術した経験から包茎について自身の経験や信頼置ける文献を参考に包茎について紹介します。

このサイトは

厚生労働省
日本泌尿器科学会
日本美容外科学会
国民生活センター

の記事を参考に作成されています。

包茎を理解しよう

包茎には3種類あります。

仮性包茎
真性包茎
カントン包茎

包茎手術

包茎手術の難しい事は包茎を治すところではありません。包茎を治しても、大きな手術痕や不自然な接合部などであればコンプレックスは残ります。

また、伸縮するペニスなので皮がつっぱるといった事が起こる可能性もあります。

その為、治療そのものよりも仕上がりのデザインまで求められるところに包茎手術の難しさがあると思います。

包茎治療クリニック

包茎手術は技術、経験豊富なクリニックを選びたいものです。